被害を防ぐために

考えている人

気候変動とアシナガバチの関係とは

住宅に巣を作る害虫はたくさんいますが、これまで作らなかった害虫が近年新たに加わっている傾向があります。これは地球温暖化による日本全体の気候変動が影響していると考えられ、活動範囲が広がったのが原因とされています。 新たに加わった害虫の中にはアシナガバチがおり、その名の通り通常の蜂よりも足が長いのが特徴ですが、全体的に体も大きいためアシナガバチの巣は巨大です。シーズンになると活動期が長いため、長期間アシナガバチの巣や行動に注意が必要となるため、なるべく早急に駆除対策をする必要があります。アシナガバチの巣は個人で駆除するよりも、専門の駆除業者に依頼した方が特殊な機器を用いて行うため、安心して任せる事ができます。

今後期待される害虫対策とは

今後もますます地球温暖化が進行すると考えられるため、アシナガバチ以外の害虫の発生が予測されています。これまでいなかった害虫が自宅周辺に出没するようになるため、状況や環境に合わせた最適な駆除方法が求められます。 アシナガバチの巣は大きくて分かりやすいですが、中には小さくて気付きにくいものや住宅内に住みつき発見が遅れるものもあります。そのため住宅の異変に少しでも早く気付くためには、定期的に点検を行い些細な異常を見逃さない事が大切です。早く発見できれば劣化する前に駆除できるため素早い行動ができますが、長引くほど腐食の原因となるため注意が必要です。今後は進化する害虫に対し、強い効果を発揮できる薬剤の開発が期待されているため、更なる研究が求められています。