頼もしい業者

高い所で作業する

ねずみを見かけた時には

ねずみがいるのではないか、ということは経験したことのある人でなければ、素人目にはわかりにくいものです。実際、ねずみの存在については、かじった後や、その糞や尿の臭いなどで見分けることができますが、きちんと調査しなければ、難しいものです。ただ、ねずみかな、と疑った時には、粘着シートを被害にあった場所周辺においておくことで、捕獲できる場合もあります。ねずみ駆除をするためには、通路と思われる場所に複数枚、隙間ができないように設置しておけば、何らかの兆候を見ることができるものです。その場所以外の場所に被害が発生したようであれば、次はその場所にも仕掛ける、というように、逃げ場をなくしていくことで、捕獲することができます。

ねずみの駆除にはスピード

実際、ねずみの兆候を発見した場合、企業などであれば、その被害が大きくなる前に素早い対応が必要になります。そのため、自社でああでもない、こうでもない、と言っている時間がない場合が多いのです。そこで、普通はねずみ駆除の専門業者に相談をして、対応する必要が出てきます。ねずみ駆除業者は、現場に入り、その状況をつぶさに観察し、そのねずみの種類を想定して対処方法を決めていくのです。特に、高いところを移動するクマネズミのような場合と、地を這うような動きをするねずみでは対応を変える必要があるわけです。どちらにせよ、ねずみ駆除業者はそういったねずみの特徴に合わせて、適切な捕獲方法をとるだけではなく、再発防止策も提案してくれるため、非常に有効な対処方法といえます。